新規事業に携わり、現在は広報として活躍している “永伸商事の東坂さん” にお話を伺いました。

【オモシゴ!】様々な視点や発想でイキイキと仕事に取り組んでいる”オモロイ”企業や人をご紹介します。

新規事業としてミネラルウォーターの製造工場を建設

兵庫県尼崎市にある永伸商事株式会社はアミューズメント事業とソフトドリンク事業を展開している。

2011年に新規事業としてソフトドリンク事業がスタート。
翌2012年に自社工場の月ヶ瀬工場(奈良県奈良市)を開設し、オリジナルブランドの『奥大和の銘水』の生産を開始した。

ミライズの大山工場は、環境にやさしい無菌充填方式を採用した最先端の設備を導入し製造している。

2014年には大山工場(鳥取県米子市)を開設。
第2弾のオリジナルブランド『ミライズ』の生産が始まった。
東坂さんは現在、広報担当としてミライズを中心にPR活動に専念している。

■奥大和の銘水(おくやまとのめいすい)

四季折々の美しい自然を誇る、奈良県北東部に位置する奥大和の大地、月ヶ瀬。 その地下200mに広がり、約400万年前から存在しているという花崗岩層に囲まれた水脈。 この歴史ある大和の地層が磨き上げた、清らかで高品質な水を汲み上げています。

※【奥大和の銘水】商品サイトへ

■ミライズ

『ミライズ』は、からだを潤すだけでなく、水と共に澄みきった未来をつくりたい。 そのきっかけとなることを願って作られたコンセプト・ウォーターです。 硬度48㎎/Lで、柔らかい口当たりの軟水。3年連続モンドセレクション最高金賞受賞。

※【ミライズ】商品サイトへ

■大山山麓天然水 結(ゆいのみず)

お客様と大山との、そしてお客様と我々との絆を結びたいという想いから、大山(だいせん)と県花“二十世紀梨の花”をラベルデザインにあしらい、鳥取・大山の素晴らしさを前面にアピールしました。

 

ノウハウのない新規事業では常に本質を突き詰めて考えなければならない

東坂さん:製造業において、品質を上げるために量を作らなければならないと知りました。量を作るためには注文をふやさなければならない。そのためにまず知名度を上げることが必要だと思いました。

東坂さんは2012年に月ヶ瀬工場で新規事業担当のメンバーとしてミネラルウォーターの製造に関わった後、本社で品質管理を担当することになる。

大学時代は化学を専攻していたこともあり、品質管理は適任だった。 品質向上のために、まずは量を製造する必要があることを知り、知名度向上に取り組むことを決めた。

永伸商事 東坂さん

東坂さん:過去に積上げられたナレッジが効きにくい時にこそ、本質は何か?をまずは自らに問い、動くことが重要だと実感しています。

新規事業のため、会社にノウハウや経験はない。もちろん、東坂さん自身にも工場の立ち上げや広報としての経験があるわけではなかった。経験はないが、事業を進める中で、さまざまなトラブルや壁にぶつかった時に本質を理解して最適なアクションを選択できるように意識したという。

新しいことに挑戦している時は、上司でさえ迷っていることがある。組織にとって最善の選択に近づけていくためには、立場を気にせず、本質を突き詰めて考え、行動していかなければならないという。

自身の働く目的が見つかるのは幸せなこと

2014年の鳥取県大山工場が開設時、現地での工場立上げの仕事を通して働くことの意味を実感した出来事があった。

東坂さん:工場を作ることで、周辺エリアの人たちが「働くことことができる」と喜んでくれました。

地方では大手企業が撤退する中、事業の拡大により、鳥取県大山周辺エリアで雇用を生むことにつながった。東坂さんは自身が地方の雇用の拡大に貢献できていることを実感した。

永伸商事では「永伸七訓」を掲げている。

永伸グループ七訓
  • お客様をよろこばせることをたえず心がけ行動にあらわせ
  • 現場が会社の顔である 清潔で活気と笑顔溢れるものにせよ
  • 常に当事者たれ 勇気とスピードを持って行動せよ
  • 夢と希望を持て その実現にチャレンジせよ
  • 臨機応変を旨とせよ 物事の本質を見抜け
  • 誠心誠意を尽くせ 必ずや思いは通じる
  • 利益はお客様の満足度の通信簿である

自身の想いと組織(永伸商事)が掲げる理念はフィットしていると感じていると語る東坂さん。
現在は広報活動を中心に、本質を突き詰め、新たなチャレンジを続けている。

『ミライズ』はミス・インターナショナル世界大会の公式飲料に。

永伸商事株式会社のご案内

永伸商事株式会社(永伸グループ)

兵庫県尼崎市立花町1-3-15
代表取締役社長 山本伸次
設立 1985年4月

(綱領:スローガン)

よろこび クリエイト:ホスピタリティへのチャレンジ
人が人に伝えられる最も温かいものをホスピタリティという。
私たちの使命は、ホスピタリティをもって、よろこびをクリエイトすることにある。

【ミライズのインスタグラム】
https://www.instagram.com/miraiz_jp/

(文:ムラナカトクシ)(掲載日:2017年12月11日)