【オモシゴ!】
様々な視点や発想でイキイキと仕事に取り組んでいる“オモロイ”企業や人をご紹介します。仕事に対する姿勢や行動から、これからの働き方を考えるヒントを探ります。
今回は、大企業の会社員から起業家へと転身した【株式会社カルヴォの松本社長】にお話を伺いました。

「魅せる」という第3の選択肢を提案

株式会社カルヴォは、ハゲ・薄毛に悩む男性に対して、「隠す」「増やす」ではなく「魅せる」という第3の選択肢を提案する。コンプレックスに悩む男性に自信を持ってもらうことでより豊かなライフスタイルを実現するサービスを提供している。

カルヴォを作るには「ルックス」「マインド」「ウェルネス」の3方向からのアプローチが必要

松本氏は、神戸大学大学院経営学研究科(MBAプログラム)に2012年に入学。
「コンプレックス」を如何にしてビジネスに出来るかについて研究を重ねた。その後もビジネスプランを磨き、森永製菓のアクセラレータープログラムでは優秀賞を獲得。

コンプレックスに寄り添い、コンプレックスを持つ人々にとって居心地の良い社会の実現を目指して、2016年8月にカルヴォを設立した。

自分らしく、やりたいことに挑戦する

代表の松本氏

松本氏はこれまで大企業数社でキャリアを積んできたが、会社員として成果を上げながらも組織に属している自分に違和感があった。組織に依存している自分がとても無力な存在に感じていたという。

「企業の中では自分らしさ松本圭司らしさを感じることができなかった。オレはどこの所属でもない、オレはオレなんだ、という思いが強かった」

やりたいことをやっていないという現実。
組織に属する違和感を感じる中で、自分発のブランドを創ってみたいという思いが日を追って大きくなっていった。
やりたいことがあるのに自分を騙しながら、大企業で働き続けることも出来なくは無かったが、それで残りの数十年を過ごすことは自分に正直に生きていると言えないと、松本氏は強く感じた。

松本氏は、大企業でのキャリアよりも起業家としての道を選択した。
起業してからは想定していた通りの厳しい現実があった。

松本氏は自身のブログでこう記している。

この先どうなるかは分かりません。でも「やりたいこと」があるのであれば非合理的と言われようが、本能で突っ込んでいくのも一つの考え方かなとも思います。

(参照:ハゲ・薄毛を「魅せる」社長の日記)

会社員と起業家は同じ人間ながら、似て非なるもの

「会社員と起業家とでは必要とする能力がまるで違う」

大企業の会社員と起業家の両方を経験した松本氏は、「会社員」と「起業家」の違いを陸上競技に例えている。

同じ陸上競技というスポーツをしているアスリートである「槍投げ選手」と「マラソン選手」では必要なスキル、能力、資質が全く違うのは陸上の素人でも分かると思いますが、起業家と会社員もそれくらい違う(どっちがどっちかは置いといて)というのが例えとしては良いような気がしています。

(参照:ハゲ・薄毛を「魅せる」社長の日記)

「良い意味での鈍感力が起業家には必要」

また起業家に必要な資質として、「感情のコントロール」をあげている。
忘却力・切り替えの早さ、確信的に空気を読まない力が起業家には重要と実感した。

ヒト・モノ・カネといった自分以外のリソースがほとんどない中で、向きあわなければならないことがたくさんあるが、 スピード感を持って物事を進めていくには一つひとつのことに一喜一憂している暇はない。

ご縁に感謝

松本氏が起業後の一年間で実感したことは、『たくさんのご縁をいただいた』ことだ。 会社員時代は一緒に仕事をする仲間は限られていた。会社員時代は大体、今週、来週に会う人の顔ぶれは予測できたという。

新たな出会いやご縁によりまた新しい出会いや取り組みが始まっていくことを体感して、松本氏はご縁というものの大切さを強く感じるようなった。

「(起業して)この1年の漢字としては迷うことなく『謝』」

多くの人とのご縁とサポートに対し心からの感謝と、自身のリソース不足のため期待に応えることができなかった申し訳ない謝罪の気持ち、ともにある「謝」という文字が今の自分に相応しいという。

8月5日で設立1年を迎えた。この1年でわかったことがたくさんあった。
次の1年も変化を受け入れ「やっていておもしろいこと」に取り組んでいくと松本氏は語る。

■株式会社カルヴォのご案内

株式会社カルヴォ (Calvo Inc.)

〒 531-0071 大阪市北区中津1丁目18-18 若杉ビル4F
代表取締役 松本圭司
設立 2016年8月5日

(事業内容)
ハゲ・薄毛に悩む男性に対して、隠す・増やす以外の手段による提案を通じ、自信を持って頂くことで、より豊かなライフスタイルを実現するサービス。

(文:ムラナカトクシ)(掲載日:2017年8月7日)