【オモシゴ!】
様々な視点や発想でイキイキと仕事に取り組んでいる“オモロイ”企業や人をご紹介します。仕事に対する姿勢や行動から、これからの働き方を考えるヒントを探ります。
今回は、自家焙煎のこだわりコーヒーを提供する【ノガ珈琲店の野上店主】にお話を伺いました。

コーヒーの香りとともにゆったりと過ごす空間

今回お話しをお伺いしたノガ珈琲店は2016年9月に自家焙煎のこだわり珈琲店としてオープンした。野上氏によるオリジナルブレンド『ノガブレンド』を始め、各種ストレートコーヒーなど、7〜8種類のコーヒーを提供している。

「まずはノガブレンドを試していただき、その後ストレートコーヒーで好みの味を見つけてもらいたい」

コーヒーに詳しくないという方は、独自の配合で提案する定番コーヒー『ノガブレンド』がお勧め。コーヒーは飲めば飲むほど舌が繊細になるという。味の違いがわかるようになりコーヒーの魅力に気づいたら、自分好みのコーヒーを探してみてはどうだろうか。

サンドイッチを中心に軽食も楽しめる。
コーヒーだけでなく、紅茶やソフトドリンクを頼んで、ゆったりとした時間を過ごすのもオススメだ。

ケーキセットは男性のお客様にも大人気

店主おすすめ! 『ホエール豚の厚切りベーコンサンド』

コーヒー豆はテイクアウトもできる。

良いものを作るという延長上に店づくりがあった

野上店主

前職では、カバンや小物・雑貨を扱う店を運営する会社で働いていた。

店長として、自分の裁量で商品を選び、提案をしていた。
以前からものづくりに興味を持っていたため、商品企画ができるということで入社。商品開発や店舗運営、お客様との関係づくりといったマーケティングまでひと通りの仕事を任され充実した日々を送っていた。

「ものづくりの視点で自分の店を持ちたいと思うようになった」

充実した中にも、会社員としてしなければならないこと、お客様に対して心からの提案ができなくなってきたこと等、自身の目指すべき方向とのズレを感じるようになっていた。

そんな頃、もともと好きだったコーヒーで自分の店を持つという決心をする。やるなら30歳までにという考えはあった。会社を辞め、コーヒーの勉強を始めた。

「はじめは半年ほど勉強をして店を出そうと考えていたが、コーヒーのことを知るほど店を出すのが怖くなった」

店を出すために2年間勉強。勉強すればするほど自分に足りないものがわかるようになった。

店を出そうと決心したのは、味の出し方をある程度マスターできたと思えたからだった。 自分の提案するコーヒーの味でお客様に満足いただけるのか、まだ自信はなかったがコーヒーを飲んでもらい反応を見ながら少しづつ味をよくしていこうと考えた。

「お店を出してみないとすり合わせができない」

実際に営業をしてみないと、お客様からの反応は集まらない。その反応を見て、味を調整できる力がついたと思えたので店を出すことに踏み切った。

自分のこだわり以上に顧客のことを考える

「良い意味でオンとオフの境がなくなった」

会社勤めの頃はなかったが、休日に仕事のことを考えることが多くなった。

会社員であれば毎月決まった日に給料をもらえるが、今は自分の頑張りや結果次第で収入が変わる。 厳しくはあるが、自分で立てた目標に対して試行錯誤を繰り返しクリアしていくことにやりがいがあるという。
結果はすべて自分の責任。だからこそ文句は言えないし我慢できる。

「お店に来てくれる方、すべてに感謝」

自家焙煎のこだわりのコーヒーがウリ。当初はコーヒーを味わってほしいという思いがあったそうだが、営業を続けるうち、コーヒーがでなくてもまず店に来てもらえたことに感謝するようになった。数ある店の中からノガ珈琲店を選んでくれたことが有難い。

一緒に働くメンバーにも同様な感覚を持ってほしいという。
カフェというオシャレな空間で働きたいという理由ではなく、来てくれるお客様のことまでイメージして働ける人が採用基準だという。

自分の店を構えて日々奮闘する野上氏。
とても謙虚なその人柄同様にお客様から常にたくさんのことを学ぼうとする姿勢に好感が持てた。

 

■ノガ珈琲店のご案内

毎月開催しているオモシゴカフェの会場として利用させていただいているノガ珈琲店。
お店のことを知ってもらえる機会になるならと快く利用させていただいています。
さらにオモシゴカフェへの参加特典としてノガ珈琲店のコーヒー無料券を提供いただいております。

オモシゴカフェの会場として利用!

ノガ珈琲店
大阪府大阪市中央区博労町4-5-6 野上ビル1F
TEL:06-6252-0258
営業時間/平日:11時〜20時 土曜:12時〜17時
定休日/日曜・祝日


(文:ムラナカトクシ)
(掲載日:2017年7月14日)