【オモシゴ!】
様々な視点や発想でイキイキと仕事に取り組んでいる“オモロイ”企業や人をご紹介します。仕事に対する姿勢や行動から、これからの働き方を考えるヒントを探ります。
今回は、人・発想・情報を紡ぎ発信するコワーキングスペース【中之島SPINNING代表の平野さん】にお話を伺いました。

『モノ・コト・シゴトを紡ぐ』空間、中之島SPINNING。

“SPINNING”とは“紡ぐ”を意味する。

好奇心に満ちた人・発想・情報をこの場所で紡ぎ、発信する。ワクワクするがどこか懐かしくもある。人と人との出会いや繋がりにより新しいことを生み出す、そんな空間として誕生したのが、繊維商社である名古屋紡績株式会社がプロデュースする“中之島SPINNING”だ。

中之島は、大阪の学術・芸術・経済を支えた歴史ある集積地。 そんな歴史的背景を持つ場所の土佐堀川沿いという開放感あるスペースから、新たな未来のカタチを模索し発信を続けている。

1階では、北浜テラス オリザ中之島店が出店。
こちらも中之島の景色を楽しみながら淡路産天然ジビエ&野菜料理を楽しむことができる。

想いと行動からさまざまな出会いが生まれた。

遊休資産として全く利用されていない状態であった建物を平野さんの発案により、コワーキングスペースとして活用することになった。

「何かできることはないか?と考えていたときに、当時まだそれほど多くなかったコワーキングスペースという存在を知った」

経験はなかったが多少の投資と準備でスタートできると考え、事業をスタートさせた。
当初はデザイナーとのネットワーク作りという目的もあったが、今では中之島SPINNINGと言う”場”を通して、人や情報が行き交い、新たなサービスや価値を生み出していきたいと言う。

「オープンイノベーションなんていうカッコイイものではない。ほんと泥臭いこと(笑)」

中之島SPINNINGを媒介とした人との出会いや繋がり、地道な行動があり、新しい取り組みが生まれてきたという。

平野さん自身も、中之島SPINNINGの事業をスタートさせたことで多くの人と出会い、自社のことを客観視することができるようになった。訪れる人たちからたくさんのヒントをもらい、当時の名古屋紡績では検討もされなかった海外展開の可能性に気づき、現在は責任者として海外への販路開拓に動いている。

何かできないか?という想いから行動を起こし、人との出会いが取り組みを加速させる。
中之島SPINNINGは、文字通りさまざまなモノを”紡ぐ場所”なのだ。

当事者意識を持ちプレッシャーの中で仕事に取り組む。

中之島SPINNINGの会員のほとんどが独立して事業を行っている方。

「良い意味で個性的な人ばかり。皆、プレッシャーを抱えながらもストレスなく仕事に取り組んでいる。話をしていても、建前の会話がほとんどない」

会社の方針によって本音を言えないサラリーマンとは違い、思ったことをどんどん言ってくれるのが心地よいそうだ。

平野さんは前職、教育や就職に関する大手メディアで営業をしていた。

「当時はがむしゃらに働いた。平日は朝から晩まで働き、週末の休みは仕事の疲れとストレスを吹き飛ばすために目一杯遊んだ」

クライアントのことを考えた提案ではあったが、正直どこまで役に立っているのかわからなかった。サラリーマンとして数字をクリアすることは当然だったが、そこに当事者意識はなかった。

営業として成果を上げ、課長へと昇進し、順調にキャリアを構築していったが、そんな働き方に疑問を持つようになったそうだ。その後、名古屋紡績に移り、自身も経営陣の一員として仕事に取り組むようになる。

「今は、ビジネスを展開する当事者として、仕事に取り組んでいる。自分が言い出した海外事業はまだ動き出したばかり。これから結果を出していくという、強いプレッシャーはあるがストレスはない」

中之島SPINNINGの他にも複数の事業で責任者を務める平野さんだが、その言葉通り、心地よいプレッシャーの中で仕事を存分に楽しんでいるようだ。

中之島SPINNINGご案内

中之島SPINNING

住所:〒541-0041 大阪市中央区北浜2-1-14
会員スペース:10:00~22:00

——————–
様々な「ものづくり」に携わる人を会員募集中。
会員登録は月額7000円(税別)から。登録前のご相談や施設のご見学は、お問い合わせフォームか、お電話、受付にて承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
——————–

 


先日(6月14日)、中之島Spinningと共催でオモシゴ餃子パーリーを開催させていただきました。多くの方からの申し込みいただきまことにありがとうございました。

今後も中之島Spinningにてイベントやセミナーなどを開催していく予定です。
詳細はOMOROI;WORKS Facebookページもしくはイベント案内ページをご確認ください。


(文:ムラナカトクシ)
(掲載日:2017年6月28日)