【オモシゴ!】
様々な視点や発想でイキイキと仕事に取り組んでいる“オモロイ”企業や人をご紹介します。仕事に対する姿勢や行動から、これからの働き方を考えるヒントを探ります。
今回は想いをつなぐ架け橋となるサービスを展開する【グリーティングワークス 徳丸社長】にお話を伺いました。

人と人とのつながりを大切にした事業を展開

グリーティングワークス(大阪市西区)は「絆を深めるサービスで、世界を元気にする」ことを理念に、あいさつ状のインターネット販売を中心に様々な事業を展開している。

写真にスマートフォンをかざすと、いつでも動画を楽しむことができる「pimory」は産婦人科で出産されたママへの贈り物として導入されている。 さらに新規事業にも積極的に取り組みんでおり、今年に入りふたつのサービスをリリースした。

まず今年の1月にリリースされた「カシャポ」。
大切に残してきた年賀状を、スマートフォンのカメラで撮影するだけで、入力をしなくても簡単に住所録が作成できる。住所と一緒に年賀状の写真やメッセージが残せるので、いつでも楽しく振り返ることができる。単なる住所録の管理サービスに魅力はなく、「思い出を管理できるサービスを作りたかった」(徳丸社長)。

一枚からはじまる、楽しいお付き合い。カシャポ。

もうひとつは、5月にリリースされた「cazatte(カザッテ)」だ。
特別な瞬間を大切な人と共有してほしい、という想いから生まれた。複数の宛先に対し同時にフォトカードを送ることができる。また、裏面のスタンドを起こすと自立する構造になっているので、届いてすぐに玄関やリビングなど、好きな場所に飾ることができる。

そのまま飾れるフォトカード cazatte(カザッテ)

ITを活用しながらもアナログにこだわり、人との”つながり”を大切にしたサービス開発を進める。現在の会員数は10万人。まずは100万人の方に自社のサービスを使ってもらうことが目標だ。

自社が提供している価値は何か

昔から「世の中にインパクトを与えたい」という気持ちは持っていたが、起業したい、社長になりたいという強い思いはなかったそうだ。しかし、社会に出て見えてきたのは、諦めの感情を抱いている人の多さだった。

「世の中へのインパクト」という気持ちと、学生・社会人と取り組んでいた野球の経験から「個人に力はなくともチームでなら成し遂げることができる」という想いもあり、30歳の時に起業。当初は理念などなく、まず利益を上げることを最優先に持ち前の営業力を活かして10〜20近くの事業に取り組んでいたが、そこで体を壊してしまう。

「体を壊したことで仕事を断ることができるようになった」

それまでは自分が全てに関わらなければ顧客の期待に応えることはできないと考えていたが、体を壊したことで自分以外の人間に仕事を任せることができるようになった。そうして自分の時間を確保して、あいさつ状のインターネットサービスを構築する。

当初はハガキの印刷という価値を提供していたサービスだが年賀状の仕事を受けたことで意識が変わる。年賀状の一枚一枚に込められた気持ちや想いの存在に気づいたからだ。ハガキに込められたメッセージによって人が繋がる。自分が手がけるサービスは”想いをつなげる”ことなのだ、と。

このようにして、人と人のつながりを大切にした「絆を深めるサービスで、世界を元気にする」という理念が固まった。

個人のビジョンが組み込まれた組織

徳丸博之社長

学生時代に夢中で取り組んだ野球の経験からチームワークの大切さを強く感じていた。

「個人の力ではなくチームの力で勝利する」

この経験は、経営スタンスにも表れている。 「会社の目指すビジョンに個人が成長を経てなりたい姿が組み込まれているか、組み込まれても齟齬のない方」が採用基準のひとつという。ここからも目標・目的をひとつにチームワークで戦う姿勢が感じられる。

育成面では、理念・ナレッジ・スキルの3つを軸に社員教育の仕組みを試行錯誤で構築。グリーティングワークスには5つの行動基準がある。

「貢献」「成長」「挑戦」「信頼」「礼儀礼節」

メンバー皆がこの価値観を持ち行動する。もちろん価値観を押し付けるものではない。新たに入社したメンバーとは、定期的にこれらのテーマについて徳丸社長や上司とともに話をする機会が設けられる。

「正解があるわけではなく、人それぞれに大切なものは異なる。これらの項目に対して自分なりの考えを見つけてもらいたい」

個々のメンバーがそれぞれのビジョンを高めながらチームワークを発揮して仕事に取り組む姿勢は、野球などの団体スポーツさながらの清々しさが感じられる。 まさに、「絆を深めるサービスで、世界を元気にする」という理念をチーム一丸で達成しようとしているのだ。

グリーティングワークスのホームページ (スタッフ紹介)

ブランドコンセプト

最後にグリーティングワークスのブランドコンセプトをご紹介しよう。

楽しい、嬉しい、悲しい。
人は想いを伝えあうことで絆や信頼を深めてきました。
私たちは、インターネットを通じて世界中の人々の伝えたい想いを、
言葉・写真・デザインで表現しお届けします。
100% message
あなたと大切な人とのご縁がずっと続くよう
想いをつなげる架け橋になる。
それがGREETING WORKSの役割です。

ITを活用したビジネスモデルで評価の高いベンチャー企業であるが、その組織はアナログ的に人のつながりを大切にしたとても温かなチームにように感じられた。

株式会社グリーティングワークス 概要

企業/団体名株式会社グリーティングワークス
代表者德丸 博之
所在地〒550-0004 大阪市西区靭本町1-5-6 本町辰巳ビル4F
電話番号06-6450-8029
従業員数46名(※パート・アルバイトを含)
平均年齢35歳(※パート・アルバイトを含)
URLhttp://www.greetingworks.com
事業内容印刷物・物販のECショップの運営
インターネット関連のITサービス

(文:ムラナカトクシ)