【オモシゴ!】
様々な視点や発想でイキイキと仕事に取り組んでいる“オモロイ”企業や人をご紹介します。仕事に対する姿勢や行動から、これからの働き方を考えるヒントを探ります。
今回は大人の勉強空間を提供する【自習カフェの宮田さん】にお話を伺いました。

非日常な第3の場所

自習カフェは、現在大阪で6店舗を運営している「音楽が流れる自習室」。
自宅と会社の他にビジネスパーソンが勉強に集中するための空間を提供している。

日々忙しい中で時間を作り勉強する会員の姿を見て「多くの方が目標を達成して次のステップに進んで欲しい」と勉強の為の空間作りに強いこだわりがある。

大人にとって勉強は、「非日常」的な行動だ。
日常空間は集中力が途切れる事がたくさんあるため、自宅での勉強は不向き。

集中するためには程よい緊張感、雑多さ、人の気配を残しながらも落ち着く空間が必要だ。

そこで自習カフェは集中できる空間作りにこだわり、大人が勉強する空間、非日常であり集中できる「第3の場所」として自習カフェを運営している。

「成長」していくことが大切

自習カフェを運営するのは株式会社アイルビーだ。
アイルビーは『共に働く人が成長出来る「場」と「機会」を提供する』ことを経営理念に事業を展開している。

数年前に自習室というビジネスに出会いこの領域に参入した。共に働く人の成長を促すとともに、転職や起業など、自身の目標のため、愚直に努力を重ねるビジネスパーソンの成長をサポートする。

この自習カフェは
成長することに重きを置いた組織が運営する、
個人の成長を支援するサービス
だ。

「働き方改革」が多方面で叫ばれる今、ビジネスパーソンの働き方が大きく変わっていく可能性がある。

自宅と職場を往復するだけの毎日ではなく、これからは自らを成長させる「場」や「機会」を積極的に見つけていく必要があるだろう。

チャレンジを楽しみ、すべてに関与する

現在、自習カフェの運営は3名で行っている。

6店舗を3名で?と思われる方もいるかもしれないが、アイルビーは空いているテナントビルの一室をITの導入により最大限に省力化して自習カフェを運営している。

『ビルオーナー様に対して、不良資産から収益を生み出せるスキーム』の提案により自習カフェを急速に出店しているベンチャー企業だ。

「正解などない中でひたすら行動を起こし修正するというスタンスが重要。仕事として割り切っていては何もすることがない、なんていう日もある」(宮田さん)。

アイデアはまず試す。その分責任も伴うがチャレンジする環境はある。ユーザーである会員も何かにチャレンジしている人ばかり。

自習カフェの運営に携わることで、常にチャレンジする姿勢を持つ人たちと接することができる。

現在、このようなポジティブエネルギー溢れる環境をともに楽しみ、夢中になって働くことのできる「笑顔が素敵」な仲間が必要とのことだ。

自習カフェのご案内

自習カフェ 心斎橋店

この看板が目印!

住所:〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3丁目6
営業時間:7時~22時30分
※全席自由席、エアコン・Wi-Fi代無料

——————–
現在新規会員キャンペーン中で、
フルタイム【毎日7時~22時30分】利用料が月額9,900円→7,900円です
詳細はこちらよりご確認ください。
——————–

(文:ムラナカトクシ)